心室中隔欠損症 カテーテル手術

心室中隔欠損症に効果的なカテーテル手術

スポンサーリンク

心室中隔欠損症は、筋肉に空いている穴の大きさで手術が必要な場合と不必要な場合があります。
また必要な場合でも色々な手術の方法がありますので、しっかりと担当者と意思の疎通をしっかりと行う事が重要になってきます。
最近では、カテーテル手術が多く選ばれております。
そこでこちらのページでは、心室中隔欠損症に効果的なカテーテル手術についての情報をご紹介させて頂きます。

 

 

【心室中隔欠損症に効果的なカテーテル手術とは】
心室中隔欠損症に効果的なカテーテル手術とはどのような手術なのかというと、細い管状の治療器具カテーテルを太ももの付け根や手首などに本当に小さな穴を開けて、カテーテルを血管に通します。
そして血管を通路に見立てて以上のある部位まで送り込み治療します。
主に心臓病に使われる事が多く、心室中隔欠損症だけでなく心筋梗塞や狭心症などの心臓病の治療で多く用いられてきます。

 

スポンサーリンク

 

【心室中隔欠損症でカテーテル手術を選ぶメリット】
心室中隔欠損症でカテーテル手術を選ぶメリットとして挙げられるのが、人体に与える影響が非常に少ない事です。
特に心臓にメスを入れる必要のある心室中隔欠損症は、手術中だけでなく、手術後も非常に強い肉体的なストレスが与えられてしまいますので、カテーテル手術はとても有効な手段となっております。

 

 

【入院期間】
心室中隔欠損症をカテーテル手術で行った時の入院期間は、2日から4日と非常に少ない日数ですみます。
また、社会復帰までの時間も短くなってきますので、非常に有効な手術方法だと言えます。
ただ、非常に高い技術が必要になりますので、手術費用も高額になってきます。
健康保険に加入している方の場合には三割負担となっているのですが、それでも50万円程度はかかるようになっております。

 

カテーテル手術は非常に高額ですので、高額医療制度を利用する必要があります。
高額医療制度にかんしては担当者から説明を受ける事ができますので、しっかりと利用してください。

スポンサーリンク