心室中隔欠損症 インフルエンザ 影響

心室中隔欠損症がインフルエンザから受ける影響

スポンサーリンク

心室中隔欠損症とは、心臓の右心室と左心室の間を隔てる筋肉の壁に穴が空いている症状になります。
1000人に3人の割合で出生という極めて少ない症例ですので知らないという方も多いのですが、非常に厄介な病気となっております。
そこでこちらのページでは、この心室中隔欠損症と、同じく小さな子どもにとって大きな影響のあるインフルエンザの影響などについての情報をご紹介します。

 

 

【心室中隔欠損症がインフルエンザから受ける影響】
心室中隔欠損症がインフルエンザから受ける影響の大小は、心室中隔欠損症の症状の大小によって変化します。
心室中隔欠損症という病気は右心室と左心室の間を隔てる筋肉の壁に穴が空いている病気なのですが、穴の大きさには個人差があります。

 

あまりに大きく無ければそのまま生活している方も多くなっております。
穴が塞っていない状態のまま激しいスポーツをしても影響がないという方もいます。
一般的な大きさの穴の場合には、インフルエンザの影響はあまりないと思って頂いて間違いありません。

 

スポンサーリンク

 

【インフルエンザの影響を心配するケース】
心室中隔欠損症がインフルエンザから受ける影響が大きいというケースは、やはり右心室と左心室の間を隔てる筋肉の壁にあいている穴の大きさが大きい場合です。
右心室と左心室の間を隔てる壁の穴が大きい場合には、インフルエンザだけでなく、他の感染症も重傷化しやすくなっております。
その為、予防接種なども必須になりますし、保育園や幼稚園などの担任の方や、病院の担当医の方などにもしっかりと説明するようするのも必要です。

 

心室中隔欠損症はインフルエンザをはじめとした感染症の影響を受けやすいと言われております。
その為、保護者の方がしっかりと見極める必要があります。
心室中隔欠損症は、手術するのかそのままにするのかの判断は担当してくれた医師との話によって決定していきます。
もちろん年を重ねるにつれて徐々に症状も状況も変わってきますので、柔軟な対応が求められます。

スポンサーリンク