ファロー四徴症 手術 成功率

ファロー四徴症の手術の方法と成功率

スポンサーリンク

ファロー四徴症は手術をしなければ生存率が極端に下がる恐ろしい病気です。
その為小さなうちに手術をするのですが、心臓の治療になりますので命に係わるものになってきますので心配される方も多いと思います。
そこでこちらのページではファロー四徴症の手術の方法と成功率についての情報をご紹介します。

 

 

【ファロー四徴症の治療内容】
原因を根本的に解決すオペは、心室中隔に開いた穴を人工布を用いて閉じる心室中隔欠損パッチ閉鎖という方法と狭い右心室の出口を広げる右室流出路拡大の二種類から症状に合わせて選択します。

 

ポイントとなるのは肺動脈弁の大きさになります。
肺動脈弁が一定の大きさがあるような場合には、患者の肺動脈弁を温存して右室流出路再建を行います。
肺動脈弁が小さ過ぎる場合には、患者さんの弁を諦めて人工布を使用した手作り人工弁を使って右室流出路再建を行います。

 

 

【新生児症例や肺動脈の発育が悪い】
新生児症例や肺動脈の発育が悪いケースでは、チアノーゼの程度を軽くしたり、無酸素発作など命に係わる症状を予防するために体肺血流シャント手術や右室流出路拡大手術を行います。
術後、患者さんの成長を待って行います。

 

スポンサーリンク

 

【ファロー四徴症根治手術の成功率】
ファロー四徴症根治手術の成功率は97.7パーセントとなっております。
この97.7パーセントの成功率というものは、ファロー四徴症が心臓の疾患である事や小さな子どもを相手にした内容である事を加味するとかなり高い成功率だと言えます。
しかし、かなり高い成功率を誇っていても成功率は100パーセントではありません。
50人に1人程度が無くなってしまう成功率なのです。
ファロー四徴症が成功率が高いからといって過信せずに、しっかりと手術の内容などを確認する事が重要になります。

 

ファロー四徴症の手術の方法は、子どもの症状や体力、体重などによって選択されます。
また、行うタイミングも非常に重要になります。
もっとも良いタイミングで行う事によって安全性を高める事ができるのです。

スポンサーリンク