ファロー四徴症 ダウン症 確率

ファロー四徴症の子どもがダウン症である確率

スポンサーリンク

ファロー四徴症は生まれつき心臓に疾患を持っている病気なのですが、ファロー四徴症と合わせてダウン症や発達障害を発症している子どもがいます。
ファロー四徴症の子どもがダウン症である確率はいったいどれくらいなのでしょうか。
こちらのページでご紹介していきます。

 

 

【ダウン症の症状の特徴】
の症状には色々ありますが、特に多いのが知的障害や難聴、ファロー四徴症をはじめとする心臓疾患などがあります。
これらの症状は、すべてのダウン症の子どもに発症するのではなく、発症しないという方も多くなっております。
そもそも症状が非常に軽度のものから中度、重度と症状の重さが異なっておりますし、すべて同じ症状が表れるわけではないということを理解しておくのが重要です。

 

スポンサーリンク

 

【ダウン症と知的障害】
ダウン症は、知的障害を伴うことも多くなっております。
先ほどと同様で、知的障害と言ってもさまざまなレベルがあり、症状もさまざまです。
一般の方の知能指数を100とした場合、51から70くらいを軽度、36から50は中度、21から35が重度、20以下は最重度にレベル分けされております。
知的障害と言っても症状はさまざまですので、普通の子どもと一緒に学校で学ぶことができるレベルの子どももいます。

 

 

【ファロー四徴症の子どもがダウン症である確率】
ファロー四徴症の子どもの60パーセントから70パーセントの確率で染色体は正常です。
残りのファロー四徴症を患っている方が染色体の異常であるダウン症を患っている確率が高くなっております。
その為、手術で直しても染色体異常による精神発達遅延が残る確率は高くなっております。
染色体22q11欠失症は特に、15パーセントの確率で合併します。

 

ファロー四徴症の子どもにダウン症の症状が現れる確率は決して低くありません。
しかしながら、手術が終了して一般的な子どもと同じように生活する事ができるようになる確率は60パーセントから70パーセントもあるのです。
確率的にはこちらの方が高くなっておりますので、子どもを信じて良いほうに希望をもつようにしてください。

スポンサーリンク