ファロー四徴病 発達障害 関係

ファロー四徴症と発達障害の関係性

スポンサーリンク

ファロー四徴症という疾患は、赤ちゃんがまだ子宮にいる段階で診断されるケースもあります。
この時の検査では、胎児超音波検査で心臓の異常が示されますので、こんなに小さい時にとびっくりされる方もいらっしゃいます。
また、この心疾患自体がそれほど有名ではありませんので余計に恐怖心が多いという事もあります。
こちらのページではファロー四徴症と発達障害などの気になる関連性についての情報をご紹介します。

 

 

【ファロー四徴症の症状】
この病気の症状は複数ありますが、有名な症状でいいますと、皮膚の色が青みを帯びていたり、バチ状指や指の爪の周りの皮膚や骨が肥厚であったり、摂食に問題があったり、体重が増加しにくかったり、発達障害、失神しやすいといった特徴があります。
特に発達障害との関係は深刻な問題となっており、合わせて頭を悩ませております。

 

 

【ダウン症との関係】
先天性の心疾患は、ダウン症を併発している可能性が高いと言われております。
ファロー四徴症を初めとした先天性心疾患を合併しやすいダウン症候群の他にも胎児性風疹症候群などがありますが、一般的にダウン症の40パーセントの割合で先天性の心疾患併発がみられます。
先天性心疾患といってもファロー四徴症だけが関係している訳ではありません。
ファロー四徴症と関係しているのがダウン症である確率は約10パーセントと低くなっております。

 

スポンサーリンク

 

【ファロー四徴症と発達障害】
発達障害は、心疾患患者と関係性の深い症状です。
一口に発達障害といってもADHD、自閉症、アスペルガー症候群、学習障害などがありますので、どの症状と関係しているのかは一概にはいえませんが、しっかりと発達障害である事を自覚する事ができれば、発達障害の症状に適した過ごし方をする事ができます。
ファロー四徴症と発達障害の両方をケアするのはとても大変ですが、医師のサポートがとても重要になってきます。

 

ファロー四徴症のはっきりした原因はいまだに究明されておりませんが、母親がアルコール依存症であったり、糖尿病、高齢出産、出産前の貧しい食生活などが関係している事がわかっております。
妊婦さんは生活スタイルの改善が責務になります。

スポンサーリンク