心室中隔欠損症 手術 入院期間

心室中隔欠損症の外科的治療の手術を行う入院期間

スポンサーリンク

心臓の病気となる心室中隔欠損症の外科的治療のために手術を行う場合に気になるのが入院期間です。
どれだけの期間入院していれば良いか、症状により若干異なるようです。
また、大人と子供ではこの期間も少しズレがあります。

 

 

【子供が入院する期間】
子供が入院する時は、本人は必ず治る病気であれば気にすることが少ないです。
しかし、両親や家族にとっては大変気になるものです。
心室中隔欠損症の症状により手術が必要な場合には、外科的治療を行う前から入院することになります。

 

病院によっては前日以前から入院してその時点での状態の健康を管理することになります。
子供や赤ちゃんの時に心室中隔欠損症の外科的治療として手術を行うときには、入院期間は10日前後と言われています。
しかし、この入院期間も心室中隔欠損症の症状により異なります。

 

手術が行われてから抜糸するまで、両親や家族が一番心配する時期ですが、この時期を経過すれば子供は見違えるように健康になっていく事が実感できます。
また、子供の場合にこちらの心室中隔欠損症の治療を行うときには学校が休みの時期を利用して入院期間に充てて治療することが一般的な方法となります。
10日前後のため春休みの時期でも十分外科的治療を行い入院する時間を確保することが可能です。

 

スポンサーリンク

 

【子供と異なる大人の入院期間】
心室中隔欠損症の症状は子供の先天的な病気に該当するだけでなく大人でも現れる症状です。
健康診断などで心室中隔欠損症の病気だと診断されることがあり、手術が必要な症状があります。
大人の場合でも入院期間が必要となり、子供よりも若干長い期間入院することになります。

 

症状により異なりますが2週間程度の入院期間が必要となります。
心室中隔欠損症の外科的治療の手術を行い2週間経過することで退院することができます。
しかし、大人の場合にはその後体力を戻し社会復帰する時間が必要なため、子供に比べて普段の生活に戻るために必要な時間が長くなってしまいます。
また、症状により経過観察のため入院期間が長くなることがあります。
それでも3週間が入院の目安となります。

 

心室中隔欠損症のために行う外科的治療の手術では、子供と大人の違いと症状により入院する期間が異なります。
子供に比べて大人の場合には、社会復帰のための体力を取り戻す時間が必要となります。
そのため症状により入院期間が子供よりも長くなります。

スポンサーリンク