心室中隔欠損症 手術 新生児

新生児が行う心室中隔欠損症の手術

スポンサーリンク

心室中隔欠損症は、症状により早期に手術を行う必要があります。
新生児であってもこちらの症状がある場合には早急に対応する必要があります。
対応が必要な場合には合併症や命そのものは危険になっていることがあります。

 

 

【早急に行う心室中隔欠損症の手術】
心室中隔欠損症の治療として手術を行うときには、こちらの病気の穴の大きさにより判断されます。
大きな穴の場合や合併症となるはい高血圧症や心不全を起こしやすくなってしまいます。
そのため生まれて間もない場合であっても早急に対応する必要があります。

 

心室中隔欠損症の手術は、赤ちゃんにとって大変危険な治療となりますが、そのまま経過観察していても穴がふさぐ確率が低い場合には早急な対応が必要となります。
心室中隔欠損症の対応としてもっとも確実な治療方法となります。

 

 

【新生児で行う手術】
新生児で手術を行う事はこれまで症例がありました。
通常、生後3ヶ月や4ヶ月でも症状によってこの治療を採用することがあります。
特に赤ちゃんでは、合併症を発症する問題があり重症の場合には早めの対応が必要となります。

 

新生児でもこの治療を採用している病院であれば成功率はとても高いことになります。
そのため診断によりこの治療が必要な場合には、早急な治療を決断することが術後の経過をよくします。

 

スポンサーリンク

 

【早期手術をするメリット】
心室中隔欠損症のために早い段階での手術を行ったメリットがあります。
早い段階でこの資料を採用することで肺高血圧の症状が残らないことです。
そうため術後の経過が良いことで早い段階でこちらの症状の治癒と合併症の問題が解決できることになります。
反対に早い段階で外科的治療をしていないと、心不全、肺炎や湿疹などの感染により死亡してしまう危険があります。
そのため早い段階でこちらの治療を決断することは、新生児にとって合併症などのリスクを軽減できることになります。

 

こちらの治療を行った後の後遺症は少ないため、早急に決断をすることで新生児の生活を他の新生児と変わりなく過ごすことができるようになります。
そしてこの治療を行った後早い段階で他の新生児と同じような心臓の状態になります。
そのため成長に関するデメリットがなくなることになります。

 

心室中隔欠損症で新生児の段階で手術が必要な場合には、危険な状態といえます。
早めに決断することでメリットのある治療を選択できます。
治療後の経過も問題なく他の赤ちゃんと同じように生活していくことが可能となります。
経過観察による穴がふさぐ可能性が低いときには早目の決断が赤ちゃんにとって負担の少ない治療となります。

スポンサーリンク