心室中隔欠損症 手術 傷跡 対処法

心室中隔欠損症のための対処法となる手術!傷跡が残る

スポンサーリンク

先天的な病気の場合には、予防することが難しいです。
子供でも発症する場合には生まれて暫くしてから気がつくことになります。
心室中隔欠損症|この先天的な病気の1つです。
対処法となる手術を行いますが傷跡が残ります。

 

 

【心室中隔欠損症とは? 】
心室中隔欠損症は、心臓は4つの部屋に分割されており、右心房、右心室、左心房と左心室があります。
このうち右心室と左心室の間には心室中隔と呼ばれている筋肉の壁で隔たれているのが普通ですが、この心室中隔の形成が悪く生まれつき穴が開いているのが先天性の病気となります。

 

 

発症率が比較的高く1,000人に3人の割合で心室中隔欠損症を持って生まれる赤ちゃんがいます。
遺伝的確率が高く完全に解明されていませんが、父親に心疾患がある場合には3%から5% 、母親の場合には5%から10%の割合になります。
兄弟姉妹に同じ病気を持って生まれる場合には確率が高くなります。

 

 

心室中隔欠損症の対処法では、穴が開いている大きさにより対処法が異なります。
小さい穴の場合には、自然と閉鎖することがありますが、それ以上の穴の大きさになると自然に閉鎖することが稀な状態となります。
対処法としては、穴の大きさにより異なる対処法を採用します。
小さい穴の場合には自然にふさがることを考えて経過観察になりますがある程度の大きさの穴の場合には手術が必要となります。

 

スポンサーリンク

 

【心室中隔欠損症の手術】
心室中隔欠損症の対処法として採用される手術の方法は、症状の重い赤ちゃんの場合には、生後1歳未満でも傷跡が残る手術を行います。
症状が軽い場合には一旦穴がふさがるのを待つ経過観察が一般的です。
心室中隔欠損症治療のために手術を行うことになりますが、この対処法が確立に病気を治す方法となります。

 

しかし、以前の手術では傷跡が大きく残ってしまいます。
人によっては傷跡を気にすることになりますが、最近では目立たないように胸骨下から切開する場合にはできるだけ傷痕が目立たないようにすることができます。
体の中央を切開することになるため傷跡はどうしても残ってしまいます。
しかし、この病気の治療では確実に治療できる方法のため、傷跡が残りますが行うべき治療方法です。

 

心室中隔欠損症では治療のために手術を行う対処法があります。
傷跡が残ってしまいますが確実に治療できるため現在でも採用されています。

スポンサーリンク