心室中隔欠損症 手術時間 影響

心室中隔欠損症の手術時間や手術の影響

スポンサーリンク

生まれつき心臓に病気をもっている赤ちゃんは珍しくありませんが、その中でも特に影響が大きいのが心室中隔欠損症になります。
心室中隔欠損症の症状は、手術をしなくても完治してしまう事もあるなどから、心臓病の中でも特にリスクの低い症状といわれております。
そこでこちらのページでは、これから心室中隔欠損症の手術を考えている方の為に、心室中隔欠損症の手術時間や手術の影響などについての情報をご紹介していきます。

 

 

【心室中隔欠損症の手術時間】
心室中隔欠損症の手術時間は、心臓の状態や病院、執刀医にもよりますが、全体で4時間から5時間だと言われております。
その大半が下準備に時間を取られており、心室中隔欠損症の手術で最も重要な心臓を止めての手術を行っている時間はおよそ1時間程度となっております。
その為、影響力は少ないと言えます。

 

スポンサーリンク

 

【手術時間の影響】
基本的に手術というものは、長ければ長いほど患者さんに負担がかかってしまいます。
その為、悪影響があるのではないかと心配される方も多いとは思っておりますが、自分がその立場になってみると、そこまでリスクの高い影響があるとは思えません。

 

 

【リスクの低い完璧な手術ではない】
基本的に心室中隔欠損症の手術時間は心臓を扱うという事もあり、全くリスクがゼロというわけにはいきませんが、しっかりと配慮がされている病院の執刀医でしたら、傷が残らないように計算してメスを入れてくれます。
4歳以下の乳幼児が行う場合には、体力がありませんのでリスクが高いといえますが、しっかりと体重も増え、輸血する事が出来るようになります。
手術時間がたとえ長くなっても打余計なリスクを避ける事ができます。

 

 

手術時間は長くなればなるほどにリスクの高まりに影響してきますが、それ以上に患者さんの体力が上がっていけば、手術時間の長さなど関係のない安定した手術を行う事ができるようになります。
その為、心室中隔欠損症で最も重要な事は、今後の指導方針などを先生からしっかりとお伺いし、家族でしっかりと情報を共有しながらチャレンジすることがベストだと言えます。

 

また最近ではカテーテルを使用した術式も登場しておありますので、合わせてチェックするようにしてください。

スポンサーリンク