心室中隔欠損症 原因 喫煙

心室中隔欠損症の原因は妊婦の喫煙かも知れない

スポンサーリンク

心室中隔欠損症の原因は色々とあります。
2017年の9月現在において明らかになっているのは、単一遺伝子病、染色体異常、風疹やコクサッキーウイルス等への先天感染などに加えて、妊娠中の母体環境などが挙げられます。
しかし、心室中隔欠損症の原因の多くは、いまだはっきりとしておりません。
そこでこちらのページでは、心室中隔欠損症の原因などの情報をご紹介していきます。

 

 

【心室中隔欠損症の原因は妊婦の喫煙かも知れない】
色々な原因が考えられる心室中隔欠損症ですが、その中でも密接に関係していると言われているのが妊婦さんの喫煙です。
これは妊婦さん自体が喫煙していなくても周りでタバコを吸っている方の煙を吸っている副流煙というケースも含まれるそうです。
喫煙は他にも様々な先天性の病気の原因と言われておりますので、非常に注意しなければいけません。

 

スポンサーリンク

 

【喫煙が原因の心室中隔欠損症以外の病気】
喫煙が原因で発症する病気は沢山あります。
代表的なものだと水頭症や無脳症、二分脊椎、口唇口蓋裂などがあります。
もちろん、これらの症状が100パーセントタバコによるものだという事ではありません。
これらの病気のリスクを喫煙が高めてしまっているという事になります。
妊婦さんが喫煙しないのはもちろんの事、妊婦さんの周りでも喫煙しないようにご家族の方は注意してあげてください。

 

 

【心室中隔欠損症で重要な事】
心室中隔欠損症のお子様がいる場合には、あまり自分を責めない事が重要になります。
遺伝子的な事もありますし、必ずしも妊婦さんの過ごし方で症状が決まるわけではありません。
大事なのはこれからの過ごし方です。
経過を見て行けば、小さな頃に穴が閉じてしまう可能性も高くなっております。
まずは目の前のお子様に向き合う事が重要になります。

 

タバコが原因で色々な病気を発症するのですが、中でも心室中隔欠損症は、かなり発症率が高くなっております。
その為、治療方法もしっかりと確立されておりますので、お子様の大量に注意しながら安心して治療に取り組んでください。

スポンサーリンク