心室中隔欠損症 穴の大きさ 影響

心室中隔欠損症の穴の大きさによって与えられる影響

スポンサーリンク

心室中隔欠損症とは、心臓にある右心室と左心室を分けている筋肉の壁に欠損とよばれる穴があいている状態の事です。
この病気は、先天性の方が多く先天性心疾患の中でも多い症状となっております。
そこでこちらのページでは、覚えておいて欲しい有名な心疾患の心室中隔欠損症の基礎知識についてご紹介していきます。

 

 

【心室中隔欠損症の割合】
心室中隔欠損症は、複数の種類がある先天性心疾患の中でもかなり患者数の多い疾患となっております。
心室中隔欠損症を持って生まれてくる赤ちゃんの割合は、1000人に3人となっております。

 

しかしこのうち半数は生後一年以内に自然に穴が塞がります。
また、手術などの治療が必要な穴の大きさをしているという方は、更にその20パーセントになっておりますので、穴の大きさが生活を害するほどだという方の割合はかなり少なくなっております。

 

スポンサーリンク

 

【心室中隔欠損症の穴の大きさによって与えられる影響】
心室中隔欠損症は、穴の大きさが大きければ大きいほど人体に悪影響を与えます。
穴が3ミリ以上の大きさになると、脈が通常よりも速かったり、呼吸が荒くて回数が多かったり、母乳やミルクをなかなか飲まなかったり、手足が冷たかったり、寝汗をかきやすかったりなどの症状に影響してきます。

 

また、赤ちゃんの体重が増えにくいといった事にも影響してきます。
また、割合はすくなくなっておりますが、穴の大きさが特大の赤ちゃんの場合には、更に影響が大きくなっており、先ほどご紹介した症状がさらに悪化したり、肺高血圧を合併してチアノーゼを起こしてしまったりなど命に係わる問題がありますので、たりするので、すぐに専門医の診察を受けることが必要です。

 

心室中隔欠損症の穴の大きさは、その後の人生に大きな影響を与えます。
穴の大きさが小さければ、影響力はすくなく、心室中隔欠損症ではない普通の方と同じような生活をする事ができます。
また、穴の大きさがかなり大きい場合には手術などが必要となってきますので、早目に決断するようにしてください。

スポンサーリンク