ファロー四徴症 運動 注意点

ファロー四徴症の方が運動する時の注意点

スポンサーリンク

先天性の心疾患であるファロー四徴症は、乳幼児期に手術を受ける必要がある恐ろしい病気です。
もし手術をしなければ年々死亡する確率が高くなる恐ろしい病気となっております。
また、ファロー四徴症は日常生活を送る上で様々な注意点があります。
そこでこちらのページではファロー四徴症の方が運動する時の注意点など、日常生活において注意しなければいけない点をご紹介していきます。

 

 

【ファロー四徴症の方が運動する時の注意点】
ファロー四徴症の方は、手術をした後も肺動脈弁の狭窄や逆流などが起きてしまう危険性がありますので、その点に配慮しながら運動するのが最大の注意点となります。
その為、心臓に負担の大きい急激な運動などは全くできないわけではありませんが、リスクを考えたら制限したほうが良いと言われております。

 

また、運動をする時には心臓に負担をかけないように、しっかりと睡眠をとった状態で万全な体調の時のみとしたり、運動をする前に入念な準備運動をするのは必須です。
また血栓などの(リスクを防ぐために十分な水分補給をするというのが注意点になります。

 

スポンサーリンク

 

【病気の感染への注意点】
ファロー四徴症の手術は、手術中に人工弁であったり、パッチなどの人工のものを使用して行うケースが多くなっております。
その為、細菌などに感染しやすくなったおり、感染してしまった場合は完治しにくいというデメリットがあります。
感染性心内膜炎という疾患を起こしやすいといった懸念もありますので、出血を伴う外科手術はもちろん、抜歯などの歯科治療などを行う際は担当の医師によく相談してから治療するのが注意点となります。

 

激しい運動時の注意点ではありませんが、妊娠は心臓の負担が大きいのですが、ファロー四徴症の手術履歴のある方でも血管の狭窄や血管の異常などがなければ、成人した後の妊娠や出産も可能です。
ただし妊娠経過などで運動や食事などの制限などの注意点がありますので、これらをしっかりと守るというのが最低条件になります。

スポンサーリンク