ファロー四徴症 原因 症状 対処法 治療法

ファロー四徴症が原因の症状、対処法となる治療法

スポンサーリンク

【ファロー四徴症の基礎知識】
ファロー四徴症が原因の症状は年間で200人弱の赤ちゃんが患っている病気です。
ファロー四徴症が原因の症状とは、心室中隔欠損、肺動脈狭窄、大動脈騎乗、右心室肥大など4つの異なる特徴を持っている先天性の心疾患になります。
ファロー四徴症が原因の症状は、他の心疾患と違い全く関連が無いと思われる心疾患が同時に現れるという他の疾患にはない特徴をもっております。

 

なぜファロー四徴症が原因の症状は4つの異なる心疾患が同時に現れているのかというと、胎内の胎生期の時に心臓の形が作られている課程において、心臓の出口の部分の大動脈と肺動脈の間のしきりに加えて、それらを支える為の右心室と左心室の間のしきりがねじれてしまった事が原因で、その間にある心室中隔欠損を起こしてしまった為、このような4つの異なる特徴を持ったファロー四徴症が生まれているのです。

 

 

【ファロー四徴症の症状で恐ろしい無酸素発作】
ファロー四徴症が原因の症状の無酸素発作は、疾患のある生後二ヵ月から三歳くらいまでの乳幼児に見られる症状となっております。
心室中隔欠損症と肺動脈弁下狭窄を併せもったチアノーゼ型の先天性心臓病が原因で発症します。

 

ファロー四徴症が原因の症状の無酸素発作の症状は、ようやく眠ったと思ったら急に不機嫌になり号泣したり、排便などを起こした後にチアノーゼが増強していき、呼吸が徐々に速くなりぐったりしてしまいます。

 

ファロー四徴症が原因の症状の、無酸素発作の症状が徐々に進行していくにつれて意識がなくなってしまったり、細かくけいれんを起こすなどの症状が現れます。
無酸素発作の特徴としましては、発作が起きるのは午前中に多い傾向があります。
また、脱水症状であったり、感染による発熱、貧血などがある場合には、無酸素発作の症状を助長してしまいます。

 

ファロー四徴症が原因の症状の無酸素発作は、さらに症状が悪化し重症になると引きつけを起こしてしまったり、場合によっては命にかかわることがありますのでとても心配です。
無酸素発作は早期治療を行えば必ず改善しますので、怪しいと思ったらすぐに救急車を呼んでください。

 

スポンサーリンク

 

【ファロー四徴症の生存率】
ファロー四徴症の生存率は、ファロー四徴症の対処法となる治療法である手術をしたかどうかによって変わってきます。
ファロー四徴症の対処法となる治療法である手術をしなかった場合には、1年生存率は75パーセントですが、3年生存率は60パーセントに下がります。
さらに10年生存率は30パーセントと言われている非常に生存率の低い病気となっております。
しかしながらファロー四徴症の対処法となる治療法である手術さえすれば、その後の長期予後は良好になっており、手術後30年の生存率は98パーセントと非常に高い生存率を誇っております。
しかし、ファロー四徴症の対処法となる治療法である手術後30年を経過したいこうになると肺動脈弁閉鎖不全が起こったり、右心機能不全が起こったりして、再手術が必要になるケースもあります。
また、心不全になったりする可能性がありますので十分注意が必要になります。

 

 

【手術後の注意点】
ファロー四徴症の対処法となる治療法である手術後の注意点としては色々とあります。
心内修復術の後に明らかに血管が狭くなってしまったり、短絡と呼ばれる血管の配置が正常ではなく、短くなってしまったりとする症状が残る事がありますが、残らなければ、一般の方と同じような日常生活が送れるようになります。
ファロー四徴症の対処法となる治療法である手術後の経過を見てですが、成人してからの妊娠や出産も可能となります。

 

 

【経過観察が必要です】
ファロー四徴症の対処法となる治療法である手術後は、激しい競技スポーツや運動は制限されることが多くなっております。
また、ファロー四徴症の対処法となる治療法である手術後に関しては、どんなに調子良くっても定期的な経過観察が必要となります。
ファロー四徴症の対処法となる治療法である手術後から数十年たってから起こるケースの多い肺動脈弁閉鎖不全という合併症に注意しなければならないからです。
どうしてもファロー四徴症の手術で弁を切開していますので肺動脈弁閉鎖不全症が起きやすいのです。

 

フファロー四徴症の対処法となる治療法である死亡原因として多いのは、低酸素発作、脳梗塞、脳膿瘍になります。
年長児では心不全、腎不全などもありますが極微際です。
しっかりとした知識を身に着ける事が死亡率を下げてくれます。

スポンサーリンク